建設業

一般的に建設というと、「大地を穿ち、山を崩し、谷を覆いつくす」みたいな力強さを持っているイメージがあります。たしかに、「剛」としての強さは必要ですが、建設というのはそれだけでは務まりません。建物を建てるというのはプロジェクトです。ですから、施主・施工者・業者などステークホルダー(関係者)の要望や能力、あるいは想いを調整しつつ、図面やスケジュール表にない色々な要素までも統合していく「柔」の心も必要だと思うのです。

建設業 事例紹介


 

土木一式工事サービス

土木という仕事は「こうすれば実現できる」というカタチに落としこむ力のことです。
・何を解決すべきかという本質を突き詰める姿勢
・問題に対して手持ちのリソースをどう活用するかという柔軟な発想
・データに基づいた判断・意思決定

とび・土工工事業
千葉県知事許可(般26)第49448号
土木一式工事業
千葉県知事許可(般28)第49448号


電気工事サービス

正確にものごとを押しすすめていくには、単にマニュアル通りの仕事をすることではありません。仕事と称する時間には不要なことはいくらでもあるし、排除していかなくてはならないのです。そのためには、知識の正しさが必要になります。やることを減らし、作業をシンプルにして、本当にやるべきことだけに集中するのです。

千葉県知事許可(般27)第49448号


ser_5

産業廃棄物関連サービス

この業務の心得として、とにかく目の前のことに反応しないことを掲げておきたいと思います。報告や連絡事項にすぐに飛びつき、問題を対処しようとすると、その過剰な反応で大きな間違いが生じます。コンプライアンス違反はないか、リスクはどこにあるか、リソースは充分か。調査と検討という事前準備に時間をかけることが大事だと考えます。

PAGE TOP