物流業

経済活動において物流は重要なインフラであり、企業経営の根幹ともいえる戦略であるといえます。多様化したマーケットの中では物流が最重要課題になっています。私たちFSLでは顧客からのあらゆるご依頼に対応するために、各種トラックの臨時便運行、さまざまな配送センター業務、そのための作業人員の派遣、あるいは産業廃棄物の取扱いなどで、顧客のビジネスをご支援するサービスを用意しております。

物流業 事例紹介


ser_1

運送サービス

運送はとにかくがむしゃらに行うもの? 気合と根性で乗り切るもの? いいえそれは違います。どんな仕事でも万全のコンディションで臨めなければ、それはプロとは言えません。ましてや、運送は顧客の大切な貨物を次の顧客にお届けする仕事。しかも公共の道路を走っていくわけです。運送は乗務員の心と身体におけるコンディションが100%であってこそ、最大のパフォーマンスを発揮できるのです。


ser_2

倉庫内作業サービス

倉庫内の作業はすべて顧客の活動の何らかの結果です。たとえば入庫するものは、顧客の工場で作られたもの、あるいは販売するために仕入れられたものです。出庫するのは、顧客がお客さまに買っていただけたものです。倉庫内作業は、顧客のあらゆる活動と思いを実現している最終ランナーとして、責任がある仕事だと考えております。


人材派遣サービス

「何をやるか」よりも「誰とやるか」を重視しています。仕事をしていて思うのは、コントロールできるのは自分の行動と思考だけだということです。ですから「何をやるか」は自分で選択できるものです。しかし、「誰とやるか」は相手がいることですから、いったん決めたら別れる以外にコントロールできません。雇う方も雇われる方も、仕事仲間を選ぶことが大切だと思っています。

PAGE TOP